島根県を中心に中古車を取り扱って34年!!チャレンジオート名古屋情報!!


by challenge100
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 54 )

夢をありがとう!!日本代表!!
ホントW杯開催直前は全然期待されてなかっただけに、今回の結果は
ホントに感動しました!!

昨日の試合も内容がとてもいい勝負だっただけに観る側は欲が出ちゃいますねw
それにしてもホント頑張ってくれました!!
しかも、今回の主力メンバーは若いので次回も期待できますね☆

私、個人の見解としては今回のW杯日本の立役者はGKの川島です!!
a0090760_14481974.jpg


ホントにお疲れ様でしたー☆☆
by challenge100 | 2010-06-30 14:49

漫画の直木賞

「マンガの直木賞」を目指して、マンガに精通する書店員や記者らが「その年一番のマンガ」を選ぶ「マンガ大賞2010」(同賞実行委員会主催)の候補作が18日発表され、大場つぐみさん作・小畑健さん画でマンガ家を目指す少年たちを描いた「バクマン。」や、島本和彦さんの自伝的青春記「アオイホノオ」など10作品がノミネートされた。同賞は08年に創設。3回目となる今回は09年1月1日~12月31日に単行本が出版され、通巻8巻以内のマンガを対象(過去の大賞作は除く)に、書店員やタレント、アナウンサーなどからなる89人の選考員の投票をポイント化し、上位10作品をノミネートした。08年は、石塚真一さんの「岳」、09年は末次由紀さんの「ちはやふる」がそれぞれ大賞に選ばれている。
今後は、選考員全員がノミネート作品を読んで投票で大賞を決定する。3月下旬に発表、授賞式を行う。(毎日新聞)


個人的には「バクマン。」がおすすめです。「デスノート」のコンビが作る作品だけあって、非常にストーリーのテンポが良くて、作りこまれていて面白いです。ところどころに原作者の大場つぐみさんネタが盛り込まれていて(ラッキーマン)それを探すのもこの作品の楽しみ方のひとつだと思います♪
a0090760_19141550.jpg

by challenge100 | 2010-01-18 19:15
早いもので、今年も残す所、数日になりました。
チャレンジオート名古屋、松江店は27日までの営業になります。
今年も、たくさんの方にお世話になりまして、誠にありがとうございます。

来年は2日から初売りセールをいたしますので、是非ご来店ください。
a0090760_18443922.jpg

by challenge100 | 2009-12-26 18:45

VWとスズキが提携

スズキと独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は9日、
資本提携を含む包括的な提携を結ぶことで基本合意したと発表しました。
VWは来年1月、スズキの発行済み株式の19.9%を約2200億円で取得して筆頭株主になります。
スズキもVWの株式の2.5%程度を約1千億円で取得する予定で、当面はこの約半分を取得するようです。
新車販売台数でトヨタ自動車を上回る世界最大規模の自動車連合が誕生します。

スズキと言えばGMとの提携のイメージが強いですが、こちらは08年末に提携を解消しています。
シボレークルーズやシボレーMWのように、VWブランドのスズキ車が発売されるんでしょうか。
楽しみです。

a0090760_19162323.jpg

by challenge100 | 2009-12-12 19:16

もうすぐクリスマス♪

チャレンジオートにもクリスマスツリーが登場しました。
サンタも働いていますので、是非見に来てください。

a0090760_17432561.jpg


皆さんも冬の準備は済みましたか?
今期の長期予報では、山陰の降雪量は少なくなるとの事です。
それでも早めにスタッドレスタイヤを準備しましょう。

スタッドレスタイヤの寿命ですが、一般的には3シーズンはまず問題なし、
4~5シーズンまでは使用できると言われています。
スタッドレスタイヤの使用限度は溝の残り方ではなく、ゴムの硬化がどれだけ進んでいるかがポイントになります。 さわってみて硬いと感じたら、山は残っていても本来の性能は発揮できません。
特にアイスバーンでは危険ですので、もったいなくても交換しましょう。
by challenge100 | 2009-12-04 17:43

高速道路開通!

今日の15時に山陰道の斐川、出雲間が開通しました。
山陰の道路もずいぶん便利になったものです。
気になる料金は、松江からだと今までの700円から350円アップの1050円ですが、
22年の3月31日までは割引で800円で通れるそうです。(普通車)

出雲市街地を少し過ぎたあたりにインターチェンジができたようです。
松江から大田方面に行く場合は約20分の短縮になるそうです。
20分で800円は安いのでしょうか、高いのでしょうか?

まあ、たまに遊びに行くときは使うかも知れませんね。

a0090760_19164222.jpg

by challenge100 | 2009-11-28 19:16

世界最速の雪上車

スバルオブアメリカは3日、SEMAショーで『インプレッサWRX STI』の雪上車、『TRAX』を初公開しました。

インプレッサWRX STIのTRAXは、「世界最速の雪上車」をキーワードに誕生。
SRT(スバル・ラリー・チーム)アメリカのパートナー企業、バーモントスポーツカー社が開発に参画し、
SRTのドライバーでDCシューズ創設者でもあるケン・ブロック選手のために作られたワンオフモデルです。

ハイライトは、タイヤの代わりに履かせたクローラ。4WD車をクローラ仕様に改造することで定評のあるマトラックス社製のラバートラックシステムを採用します。

エンジンは2.5リットル水平対向4ターボ。コンピューターをMOTEC製に変更するなどのチューニングを受け、最大出力400ps、最大トルク55.3kgmを発生します。

駆動方式はスバル自慢のDCCD(ドライバー・コントロールド・センター・デフ)付きフルタイム4WDで、トランスミッションはクロースレシオの5速MT。ダンパーは、EXE-TC製グループNラリー用に交換されています。

ラリーマシンと同様、レカロ製カーボンバケットシート、ロールケージ、消火装置などを搭載。ラリーマシンと異なるのはリアシートが用意される点で、シートはすべてレカロのヒーター付きレザー、オーディオはアルパイン製のハイエンドタイプを導入。快適な雪上走行をサポートします。

広いゲレンデで一度乗ってみたいですね。

a0090760_1354813.jpg


動画はこちらから
by challenge100 | 2009-11-14 13:08

ボルボが中国製に?


米自動車大手フォード・モーターは、傘下のスウェーデンブランド「ボルボ」の売却を巡り、
中国自動車大手の吉利汽車グループ(浙江省)の率いる企業連合に優先交渉権を与えたと発表しました。
米メディアによると、売却額は20億ドル(約1800億円)程度になるようです。
最終合意までには特許技術などに関する詰めの協議が必要で、フォード側は「最終的な合意の時期は未定」としています。

中国メディアによると、吉利汽車はボルボ買収で合意すれば、広東省に完成車工場を建設する方針で、
既に地元政府との調整に入っているそうです。
フォード傘下だった「ジャガー」は既にインドのタタ自動車に買収されており、
「ボルボ」が中国メーカーの傘下に入れば、自動車業界での新興国メーカーの存在感が一段と高まります。

ちなみに吉利は「ジーリ」と読むようで、最近では熊猫(パンダ)と言うパンダそっくりの車が
少し話題になりました。中国では最大の自動車工場になります。
ロールスロイス・ファントムにすごーく良く似ている車をモーターショーに出品したことでも
有名なメーカーです。

a0090760_1827825.jpg

    ジーリー・パンダ

やっぱり人が沢山いる国にはかなわないんですかね。
by challenge100 | 2009-10-29 18:39

黒シリーズ

三菱自動車から軽自動車3種類に特別仕様車「黒シリーズ」が発表されました。
黒シリーズが設定されるのは、“ミニカ”“ミニキャブトラック”“ミニキャブバン”の3車種。
ボディカラーに“ブラックマイカ”を採用することで、パーソナルユースにも向いた雰囲気を演出するとともに、メッキフロントグリルや光輝タイプのヘッドランプハウジングの組み合わせにより、一般的な商用車シリーズとはひと味違ったたたずまいとしています。
また、全車にAM/FMラジオ(デジタル時計付・スピーカー内蔵)を標準装備!!
男の職場にはラジオで十分なのでしょうか。
色が違うだけでかっこよく見えますね。

a0090760_17581189.jpg

by challenge100 | 2009-10-13 17:58

電動一輪車

ホンダは2009年9月24日,前後左右や斜めへ自由に動ける電動1輪車の試作機「U3-X」を発表しました。
この一輪車はホンダの人間型ロボット「ASIMO」のバランス制御技術を応用しているそうです。 
車体の傾きを傾斜センサで検知し,体重移動するだけで速度や方向を調整できます。
小さい車輪と大きな車輪を組み合わせて、前を向いたまま前後左右、斜めに移動することが可能だそうです。

どのような生活シーンで実用化できるかは、今後検討を進めるとのことですが、
必要があるから作るのではない所が、さすがホンダらしいですね。

実用化は未定で,「あくまで技術の可能性の提案」との事ですが、
セグウェイが販売されているくらいですから、そのうち市販されるかも知れませんね。




a0090760_191275.jpg

by challenge100 | 2009-09-28 19:11